大きい男性器を持っている人と小さい男性器の人の違い

女性に喜ばれたい、子宮を突きたい、などペニス増大したい方必見!
租チンの救世主はこれだ!

■男性器が大きい人と小さい人の違いとは

男性器が大きい人と小さい人の違いはどこでうまれるのでしょうか。それを探っていきたいと思います。

●生まれ持った体質

男性器が小さい一番の原因は生まれ持った体質です。

生まれつきで男性器サイズが決まっていると言われるともう買えられないのかと思いがちですが、実はそうではありません。

ここで言う体質とは、生まれたときから男性器のサイズが決まっていることではありません。

男性器が大きく成長するために必要な成分が体内で生成されにくい体質ということです。

身長や顔の容姿などのように生まれ持った遺伝子で男性器のサイズが決まっているわけではありません。成長に必要な成分を増大サプリなどから効率的に体内に取り入れることにより増大をいくらでもすることができます。

●筋力不足(筋力不足)

下腹部の筋肉が弱い人やふとっている人は男性器が小さい傾向にあるのは、下腹部から男性器につながっている筋肉が少ないと言うことです。

男性器というのはそもそも下腹部から伸びている筋肉とPC筋で基礎ができていて、その周りを海面体細胞で構成されているという構造になっています。

勃起するときは、海綿体細胞が大きくなって、筋肉が緊張して大きくなった男性器を吊り上げて、力強く反り返るような勃起を実現しています。

ここのPC筋の筋力が弱っていると男性器そのものが勃起しにくくなるのです。

筋肉が弱かったり太ったりしている人は、まず下腹部の脂肪分を減らすことにより男性器の筋肉を付けて勃起したときの大きさやギンギン具合を改善することができます。

●包茎だから

包茎も男性器を小さくする原因です。包茎とは、男性器の皮(包皮)が亀頭にかぶっている状態。

小さい頃は亀頭に皮がかぶっているのが普通の状態ですが、思春期を迎えて男性器が大きくなりはじめると自然と皮がむけて、亀頭がさらけ出すようになります。

人によっては大人になっても亀頭に皮が被った包茎状態になっていることもあって、勃起したときでも皮がかぶっているということもあるのです。

仮性包茎というのは、普通の男性器の時は皮が被っている状態で、勃起すると完全に皮が向ける状態のことをいいます。

真性包茎というのは、通常時も勃起状態も亀頭に皮が被っている状態の男性器のことをいいます。

他にもカントン包茎というのもあってこの包茎というのは、亀頭の先端部分が狭くなっていて、亀頭を締め付ける状態になる包茎のことをいいます。

以上のように包茎というのはいろいろなタイプがありますが、どれにも共通していえることは、亀頭に皮が被っている状態のことを言います。

亀頭に皮がかぶっていると、亀頭や陰茎の成長の妨げになってしまい、男性器が大きく成長しません。

包茎の男性器と正常の男性器では長さが1,2センチも違うというデータもあるくらいです。

包茎が原因の場合は、包茎を治すことで男性器が大きくなる場合があります。